World Clock


Finland

「医者になりたいの」(1)

さっそくVille先生から英訳が届いたので、何回かに分けて掲載(thanks, Ville)。

(タイトル)
「医者になりたいの」”Haluan laakariksi”

(いきなりビックリなタイトルだ)

(リード)
フィギュアスケート選手、キーラ・コルピは、ファンやマスコミから注目を浴びているにもかかわらず、冷静を保つようにしている。この若い女性は、フィギュアスケートでの成功と医者になることを夢見ている。




(本文)
いつもの忙しい火曜日の午後、タンペレのHakametsa:アイススタジアムにて。
ホッケー選手たちは、アイスホッケーのパック(円盤)ではなく、ピンクのドレスを着た若い女性を目で追っていた。彼らはその女性が、地元のスター、フィギュアスケート選手のキーラ・コルピだとすぐにわかったのだ。

シーズンのまさに終わりになって、キーラはフィギュアスケート界にその名を知らしめた。この数ヶ月のうちに、彼女はリヨンで開かれたヨーロッパ選手権、トリノオリンピック、カルガリーの世界選手権に出場。結果は、6位、16位、10位だった。

「3つの大きな大会が終わって、ホッとしています。新しい経験をいっぱい積みましたし。今シーズンで一番印象に残っている瞬間は、リヨンでオリンピックに出場できると聞いた時ですね」
キーラはカメラマンに親指を立ててポーズを取る。


女子選手

ジュニアからシニアに大会が移るのは、キーラにとってたやすいことだった。けれども、ジュニア選手権の時とくらべて、他の選手との関係は居心地のいいものではないことにすぐに気が付いた。

「ヨーロッパ人選手は一般的にとてもいいんですけど、アメリカ人やロシア人の中にはちょっとお姫様気取りの人がいるんですよ。大会って、もっと真剣勝負の場だと思っていたのですが」

マスコミと観客の関心がキーラを襲うことはなかった。彼女は平静を保ち、一番大切なことに集中する。そう、練習だ。
(つづく)

“I WANT TO BECOME A DOCTOR”

(Finnish to English translation:Ville)

Figure skater Kiira Korpi is trying to keep calm despite all the attention from the fans and media. The young woman is dreaming of success in figure skating and of becoming a doctor.


It’s a normal busy tuesday afternoon in the Hakametsa: ice-stadium.
Insted of a puck the hockey players are observing a young lady dressed in pink, whom they soon recognize as the hometown star, figure skater Kiira Korpi.

On the season that has just ended, Kiira made herself known to the whole figure skating world. In a period of just a couple of months she took part to the European Championships in Lyon, to the Olympic Games in Torino and to the World Championships in Calgary. Her placings were sixth, sixteenth and tenth.

– After three major events I feel very relieved. I gathered a lot of new experiences. The most memorable moment of the season was in Lyon when I heard that I was going to the Olympics, Kiira sums it up while posing to the photographer.

The transition from junior to senior competitions was easy for Kiira.
Altough she immediately noticed that the relationships between other skaters are not as friendly as in the junior competitions.

– The European skaters are very nice in general, but some American and Russian skaters are a bit diva-like. Altough I thought that the competition would have been even tougher.

All the interest from the media and the big crowds have not overtaken Kiira. She has kept it calm and has been focusing on the most important thing, practicing.
(to be continued)

Comments are closed.