World Clock


Finland

New York

The National flag of Finland/フィンランド国旗を作ってみた(2)


手で振れる小さな旗もいくつか作ってみた。
サイズはだいたいA4くらい。棒は40cmのアクリル棒、アクリルパイプ。

・布製(写真左、ポスターカラーペンで両面描画)=思いっ切り振るとホツレてくる
・紙製(写真右、名前入り、プリンターで片面印刷)=青がちょっと薄い
・紙製(写真奥、名前なし、プリンターで両面印刷)=表と裏で少しズレてるものあり

…と、ちょっとずつ個性が違う。
布は薄いキャンバス地。テトロンとかにすればよかったかな。
紙にいたっては、薄くて丈夫なのを探していて偶然手に入れた手漉きの和紙。
もう、日本人の心意気なのである。

紙製の名前なしはちょっと多めに作ってあるので(とはいっても2~3本?)、
アリーナで勇気を振り絞って「研究所!?」とか声をかけてくれた人がいたら
先着でプレゼントします(笑)。

# Small flags with her name!

Moring Show in Finland/モーニングショー(2)

(Photo:YLE)


キーラちゃん出演番組の動画をVille先生がアップしてくれました!(いつもありがとう!)
http://www.ultrashare.de/f/8564/Kiira_Korpi_at_Galaxi_TV-show_06-05-2006.aviのページの左下のKOSTENLOSからどうぞ。50MBほどあります。
この写真のチラッと見せるいたずらっぽい目線、かわいい。しびれます(笑)
これを含めたキャプチャ写真も4枚アップされてます。リンクにしておこう。
http://img11.imagevenue.com/img.php?loc=loc30&image=69284_kiira_galaxi_1.jpg
http://img129.imagevenue.com/img.php?loc=loc73&image=69289_kiira_galaxi_2.jpg
http://img111.imagevenue.com/img.php?loc=loc219&image=69293_kiira_galaxi_3.jpg
http://img127.imagevenue.com/img.php?loc=loc137&image=69299_kiira_galaxi_4.jpg
それにしてもVille先生、相変わらずいい仕事してくれますね。キャプチャの抜きどころなど、愛を感じますねぇ。ナイスですねぇ。番組では子供たちからの質問に答えているらしいので、その内容は翻訳が届き次第お伝えすることにしましょう。

番組の出演者情報ページは、こちらhttp://www.yle.fi/galaxi/vierailija_08.htmlに移ってるようです。
しかし手ごわいなー、フィンランド語。どうしても内容が知りたい時は、
http://www.xrce.xerox.com/competencies/content-analysis/demos/finnish
で活用の原形を確認して、ここttp://intertran.tranexp.com/Translate/result.shtml、
で訳してみてますが…。こんなちょっとしたページすら、逐語訳しないと読めないという。
どこかに使えるフィンランド語の翻訳サイト、ないもんですかね。

# Thank you for the video, captures and the comment, Ville!

The National flag of Finland/フィンランド国旗を作ってみた


フリースの生地でフィンランド国旗を作ってみた。
ほら、スケートリンクって寒いでしょ。
フィンランド国旗を振らないときはブランケットにするのだ(本当か?)。

その代わり、幅が約2メートル、高さが1.2メートルくらい。
1人で振れる大きさではない(一緒に写っているのはテニスボール)。
「大きなひざ掛けもって来ましたよ!」ということで、
同行者にご協力いただくことを前提にしてます。w

# The national flag of Finland made of polyester fleece.
As big as 2 x 1.2 meter(6’7″ x 4′).

Actually, she does NOT want to become a doctor./「医者になりたい」記事について

もうひとつの話題が、例の記事「医者になりたいの」について。

(マジで医者?大変だよ!と聞いてみると)
「雑誌で、私が医者になりたいと伝えた記事がありました。あれは、私が本当に話したことではないんです。インタビューアーの、『スケートをやめた後は何になりたいですか?』という質問に、私は、『うーん、わからない…前は医者になりたかったけど、今はよくわからないわ。』と答えたのです。そうしたら、「キーラは医者になりたい!」って巨大なタイトルが付いてしまって。ハハ…。そう、すばらしい職業であることはもちろんなんだけど、勉強とスケートを両立させるのは厳しすぎるでしょうね、多分。」

ってことらしいですよ。

# Does Kiira really wanna become a doctor?

According to Kiira, although the magazine tells so, actually she does NOT wanna become a doctor.

だから、違うっつってんじゃん。No, no way.
Photo: Copyright c 2006 ImageVortex.com.

Kiira skates to the song of Hikaru UTADA/キーラからのメッセージ

前回、大騒ぎしすぎた反省から、今回は粛々と報告します。
キーラちゃんからのメッセージ第2弾が到着!

ジャパンオープンのガラでは、
宇多田ヒカルの”Final Distance”で滑るかも、とのことです。

ざっと訳してみると、(ガラって聞いてる?出るの?という質問に答えて)
「ガラについては、滑ると思います。実は、滑るのに使える日本の音楽を探していたんです。(日本の音楽で滑れたら)とても楽しいですよね。だって、日本で開かれる大会だし、日本の言葉も文化も、人たちももちろん!(笑)好きだから。日本でUtada Hikaruは有名ですか? 彼女の曲のなかでも「ファイナル・ディスタンス」という曲がすごくいいと思ったので、この曲で滑ろうかと考えていました。」

大丈夫だ、キーラ! 彼女の歌を知らない日本人はいないから。
というか、そのプロ意識だけで、もうメロメロです。
今回は誤訳してないと思うんだけど、なんというか、こうして日本語にしちゃうと伝わってこないものがあるなぁ。行間から性格のよさがにじみ出てくるような、チャーミングな文章だと思いました。

彼女からのメッセージには、もうひとつ話題があったのですが、それはまた後で。

# In Japan Open Gala Exhibition, Kiira may skate to the song of
Hikaru UTADA, a Japanese famous singer, songwriter
.

Final Distance by Hikaru UTADA
“Final Distance” by Hikaru UTADA(C)TOSHIBA-EMI LIMITED.