World Clock


Finland

Article on Ilkka-newspaper 27.06.2006/イルッカ新聞の記事

Photo:Minna Hirvela
Article on Ilkka-newspaper 27.06.2006
(English translation by Ville)

Kiira Korpi wants to the top

Kiira Korpi’s skating career has been successfull so far, in 2005 she took silver in Finnish Championships and bronze in 2006. In this years European Champioships she was sixth and in the World Championships she was tenth.

Korpi says that the biggest moment as an athlete were the Olympic games in Torino. There she was sixteenth.

The atmosphere in Olympics is totally different from other international competitions, Kiira remembers.

Being a top athlete requires sacrifices, but it depends on the individual how it’s done. Kiira who studies in the Sampo highschool in Tampere says that the studies and training are in good balance.

– There’s not much free time after school and training, but there’s some.

Beautiful Kiira enchants on the ice

Korpi thinks that in the future it’s important to be able to develop and to improve one’s performances every year. The absolute placings are not as important as the constant improving from active training. Staying healthy is the key condition.

– I have been able to avoid all serious injuries, but I have knock on wood because you never know beforehand something is going to happen.

At the moment Korpi thinks that she’s in good fit, but she doesn’t gloat with it. Let the future results speak for them selves.

Kiira’s enchanting performances on the ice have created a growing group of admirers. Beautiful Kiira can still walk in peace on the streets, but fan mail has been coming in.

– In sports circles my face is familiar, but it’s a good thing that not everyone that passes by recognizes me.

[photo caption] In june Korpi trained for a couple of weeks in a practice camp in the Kuortane sports academy. The tough camp has gone well and after midsummer starts her short summer vacation.

キーラ・コルピはトップを取りたい

 キーラ・コルピのスケート選手としてのキャリアは今までのところは成功を遂げている。2005年の国内選手権で銀メダル、2006年は銅メダル。今シーズンの欧州選手権では6位、世界選手権では10位だった。

 選手として一番の見せ場はトリノオリンピックだったとコルピは言う。彼女は16位だった。
 オリンピックの雰囲気はほかの国際大会とは全然違うとコルピは思い出す。
 トップアスリートになるには犠牲がつきものだが、どのように対処するかはその個人による。タンペレのサンポ高校で学ぶキーラは、勉強と練習はいいバランスが取れていると言う。
「放課後や練習した後にはそれほど自由な時間があるわけじゃないけど、少しはあるわ」

氷上で魅了する美しいキーラ

 今後は自分の演技を毎年上達させ、発展させられることが重要だとコルピは考えている。積極的なトレーニングによる不断の上達に比べれば、絶対的な順位は重要ではない。健康を保つことは体調の要だ。
「ここまでは重傷を負わずに来られたけれど、この運が長続きしますようにって木を叩いてきたの*。だって、これから何が起こるかなんて、誰にもわからないでしょ」
現在、いい調子だとコルピは考えているが、かといってご満悦なわけではない。未来の成績がすべてを物語ってくれるだろう。

キーラ・コルピの魅惑的な氷上のパフォーマンスは取り巻き集団を増やしている。美しいキーラは街を平穏に歩くことができるが、ファンメールも届いている。
「スポーツ界では私の顔はよく知られているけど、誰もが私だと気付いても見て見ぬ振りをするわけじゃないのは、いいことだわ」

(写真)6月にコルピはクオルタネのスポーツアカデミーで行なわれた練習キャンプで2週間練習した。きつかったキャンプは無事に終わって、真夏を過ぎると短い夏休みが始まる。
*knock on wood:欧米のおまじないの一種。「この運が長続きしますように」と木でできているものを叩く

Comments are closed.